【交通死亡事故】8日間で8人 神奈川県で多発傾向続く

23~26日に各種交通街頭活動強化の緊急対策実施へ

神奈川県で、7月13日からの8日間で交通事故死者が8人に上っています。県内では1月から3月まで多発傾向が続いていましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出されていた4月と5月に急減したものの、7月に再び多発しています。
20日現在、神奈川県内での2020年交通事故死者は計82人(前年同期比+8)となり、4月22日以来となる、愛知県と並び都道府県別ワーストタイになりました。また、うち65歳以上の高齢者は少なくとも32人となっています。
神奈川県警は交通死亡事故抑止緊急対策として、7月23~26日に、各種交通街頭活動を強化します。

もっと読む